【茉華的養生番外編】風邪をひいたらアレがおすすめ!~喉・鼻の不快感にはこれ~

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか?茉華EC担当でございますー
11月に入ってから浅草店に入ることが多かったのですが、入店し始めて2.3日でうっかり風邪をひいてしまいましたの・・・。いやー、慣れないことをすると体調にも響きますね。今回もこれまで同様、喉と鼻を傷めてしまいまして、2週間ほどはマスク生活でございました。酷かった頃にお会いしたお客様、その節は大変申し訳ございませんでした。

しかしね、茉華<まつりか>商品には非常に助けられました。お役に立たない方が本来はいいのですが、今回はオキャマであるあたくしが、風邪の間に助けられた商品をご紹介いたします!!!体調崩してもネタになるなら甘んじて受け入れるわーまずはハッカ油スプレーでございます。初期の喉の痛み~終盤にかけての鼻詰まりに大変役立ちましたの。もうお家でも出先でも大活躍でございました。

①洗面器に貯めたお湯にハッカ油をスプレー。頭からバスタオルをかぶってハッカの香りの蒸気を浴びます。この状態のハッカ油バージョンでございます。これねー、あたくしは喉の痛みにも、鼻の不快感にも有効でした。家に帰ると、まず洗面所でお湯を貯めて蒸気を浴びた次第です。

②マスクにスプレーして使用。(※マスクにかけすぎるとヒリヒリしますのでご注意を)スーッとする感じに喉も鼻も楽になりました。鼻詰まりが酷かった時期は1日に数回スプレーいたしました。これ、気分転換にもおすすめ!お次もハッカですが、ミントクリームでございます。鼻水だらだら~鼻詰まり期まで、鼻をかんでばかりおりましたら、あっという間に鼻周辺がボロボロに・・・。日中はミントクリームを何度か、うすーーーく塗り伸ばしておりました。バーム状ではありますが、人間の皮脂に近いと言われる馬油がベースなので、べたべたすることなく快適に使用できました!マスクをしていたので、湿度が高い状態を保てたのも良かったようです。んで、鼻をかみすぎた末期がやってまいりました。ミントクリームを塗っていてもカサカサはカサカサなわけ!水気の多いスキンケアは何を使っても沁みてしまう時期、日本酒の美容液に助けられたのでした。実は肌状態が良くない時にアルコールが入ったスキンケアを使うと、真っ赤になってしまうオキャマのお肌・・・

でもこのTHERAの日本酒美容液は沁みるどころか、とーっても快適に使用できましたの。全く沁みない(※これは個人差があるかと思います)しかもしっとりで、これまでに比べて格段にお肌状態の戻りが良かったのです!!!ちなみにこんな時は洗顔も沁みるので、朝はこの方法を採用いたしました。

この情報がお役に立つことがないのが一番ではございますが、それでもひいてしまうのが風邪というもの。もしもの時は是非、お試しくださいませー。

あなたも日本美人に!お役立ちコラム一覧
  • REB マスカラとまつ毛美容液がひとつになった!
  • サッとオン、ペリッとオフ
  • 47都道府県のあらうもの市