【茉華的養生】だってまだ梅雨にもなっていないから【この時期の冷たいものは夏バテの・・・】

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか?茉華WEB担当でございますー。
ってか関東にお住まいの皆さま寒いですよね???



曇り空が続いて、雨も多くて、気温も下がって、春の始まりか梅雨のようなお天気ですよね。オキャマ家ではせっかく衣替えして冬用のお布団も片付けたのに、引っ張り出す始末でございます・・・。

さてさて、一度気温が上がってからのこの変化、心身ともに影響が出ている方も多いのでは?あたくしことオキャマも気圧の変化でもれなく不調で、ツボをむやみに押したりお灸をすえたりしておりました。気圧の変化に弱い方は、是非こちらもご一読くださいませ。

脅すわけではございませんが、このまま梅雨を迎えて、夏本番なんてなったら夏バテは避けられないのよーーー;;というわけで、この時期の過ごし方でご注意いただきたいことを本日はご紹介いたします。

まてまだ夏ではない!


GW頃までは気温も高く、夏日だった地域もございました。その少し前からですかね、スーパーや八百屋さんに並ぶお野菜や果物が変わってきました。だってもうスイカが売ってるのよ???早すぎる・・・



皆さまご存知かと思いますが、夏野菜は水分が多く体を冷やすものが多いのです。これを今から多く食べてしまうと、夏の準備が出来てない体は、水分でじゃぶじゃぶ、冷えてしまうのです。このまま梅雨を迎えると???

水分過多な状態は梅雨時に怠くなると言われています。体に貯まった水分を発散させようにも、湿度が高いと汗をかきずらい、ってよりまだ汗をかける体になってもいない。これでもねー、汗をかくまで湯船に浸かる習慣がある方はいいんですよ。問題はシャワーだけの方です。

汗をかけない
⇒怠くなる
⇒さっぱりしたもの、冷たいものしか食べたくなくなる
⇒余計に冷える
⇒食欲無くなる
⇒水分ばっかり摂る
⇒胃酸が薄まる
⇒食欲がなくなって余計に食べられなくなる

という負のループが始まるのです。ちなみに中医学では『夏の生姜、冬の大根』的な言葉があって、『夏は体を冷やす食べ物が多いから温めてくれる生姜も食べる、冬は体を温める食べ物が多いから熱を冷ましてくれる大根も食べる』ってことなの。夏野菜を食べて体の熱を冷やすのは大切なことなんだけど、真夏だって生姜を摂るくらいには気を付けた方がいいのよ。



夏野菜や果物ならまだ可愛いもんで、問題は砂糖をたっぷり使った冷たいものなの。中医学的には湿度が高くなると脾(消化器官)の働きが弱ると言われています。しかもね、甘いものも脾を弱らせるものなのよ。なぜならお砂糖って湿気で固まるでしょ???(分からない方はお母さんに聞いてみて!)だから中医学では砂糖は湿気を呼ぶって言われているの。

こういうものをまだ梅雨にもなっていない今から摂っていたらアレよ???あんたたち夏がきたら、てか夏の前段階、梅雨の時点でバテるわよ!!!

いつだって常温、汗はうっすら


この時期に限らず、体内に入れるものは中医学的に常温以上がマストでございます。は???真夏の酷暑でも温かいものを飲むのか???と思った方。その通り、あたくしは通年温かい飲みものを飲んでいます。その代わり、余分な熱を冷ましてくれる緑茶を選ぶのです。(これは夏の養生で詳しく書く予定)

そして軽く汗をかくこと。これは運動でも入浴でも。でな!こう書くとだらだら汗をかくまで運動するのがいいと思う人がいるけれど、それは体質を問います。あたくしの恩師は『汗をかき始めたらストップ』と口うるさく言っておりました。ほれ、太極拳しながらだらだら汗をかいているイメージはないでしょ???ソレです。

その人の証(体質みたいなもの)に合っていて、汗をだらだら流せる体力があるならいかもしれないけれど、汗とかきすぎると『気』(体のエネルギーの源みたいなもの)を消耗してしまうの。だから汗は薄っすらかく程度の運動や入浴がおすすめなのです。

実はこれを書くにあたって、あたくし普段は飲まない冷えたものばっかり飲んで1週間過ごしてみたの。まー、気圧の変化とのコンボで頭痛、めまい、吐き気でよぼよぼでした(あたくしはかなりの虚弱だからすぐに反応が出る)。こうなりたくなかったら、食べ物・飲み物は常温以上のもの、かるく汗をかく習慣づけをね。オキャマとの約束だよ!それでは皆さまごきげんよう♡

関連記事

あなたも日本美人に!お役立ちコラム一覧
  • REB マスカラとまつ毛美容液がひとつになった!
  • サッとオン、ペリッとオフ
  • 47都道府県のあらうもの市