【茉華的養生】夏が極まるから立秋・めっちゃ暑くて当然【何をどう食べてしのぐ?】

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか?茉華WEB担当でございますー。
いやー、梅雨が明けた途端に猛暑?酷暑?がきましたね・・・。そのうえ、オキャマが利用する東京メトロの某沿線は冷房がきつくて寒いのよーーー;;外の暑さと冷房の寒さ、気温差でへろへろの方も多いのでは?

そそ、今年は本日が立秋なんですが、全く秋の気配なんてないわよね。それ当然なんです!立秋は夏が極まって、残暑に転じ始める頃ってことなんですもん。というわけで、夏バテや熱中症の心配もあるまだまだ続くこの時期、何に気を付けて、どんな食材を食べればいいのか?を本日はご紹介します。

暑さだけじゃなくて湿気もあるんだわ


関東住みのオキャマは関東のことしか分からなくて申し訳ないんですが、カラッとした日って年々少なくなってません?気温が高くても湿度が低くてカラッとしてるならまだしも(限度はあるけどな)、気温も湿度も高くて、べったりと空気がまとわりつくようなのがねぇぇぇ。辛さ倍増だわ、ほんと。

というわけで、気温が高い、湿度が高い、この2点に注意をして対策を行います。中医学的には暑邪と湿邪ですな。湿度が高いといっても火邪(暑邪+乾邪)のパターンもあるわけです。だから除湿と乾燥対策をその時々で選び取る必要もあるのです。うーん、複雑だわ。

まずは熱を冷ます


夏野菜の多くは、体の余分な熱を取って、うるおしてくれると言われています。夏本番を迎えたら、きゅうり、トマト、ナスなどを盛大に食べましょう。ゴーヤやスイカ、メロンなんかもおすすめです。



夏は水分を摂る量が増えません?結果、胃やお腹がちゃぽちゃぽしたり、食欲が減退したり、胃酸が薄まって消化不良を起こしてしまうことも。体内に水分を貯め込みやすい方は特にその傾向が高いと思うオキャマでございます。でも熱中症も心配や、汗の量も増えるわけで・・・どうしましょう?



わたくしが中医学の先生や主治医に、その対策として教えてもらったのはこちら!

①水分量の多い野菜や果物から水分を摂る
②食事中は水分を摂り過ぎない

夏の野菜や果物は水分が多いじゃない?これらを積極的に摂ることで水分も摂れちゃうってわけ。水分代謝が下手な人でも、野菜や果物からだと、効率的に水分を摂取しやすいと教えてもらいましたの。

あたくし水分摂ったらお手洗い直行タイプで、水分を摂ったところで体を素通り、体に必要な水分が実は供給されていないような気がしていたの。でも!この方法だとお手洗い直行にならないですし、口や喉の渇きが癒される実感があります。オキャマ比ではございますが。でも無暗にがばがば飲み物を飲まなくなったのは確かです。



そして食事中に水分を摂り過ぎないこと。これは胃酸が薄まり、消化力が落ちてしまうからなの。夏ってただでさえ胃腸に負担が掛かるのに、これじゃ消化吸収力が落ちてしまうわけ。それを避けるためにもお気をつけくださいませ。

除湿は継続


梅雨の過ごし方でご紹介した除湿食材は、継続して積極的に召し上がっていただきたい。除湿食材って体の熱を摂ってくるものが多いので、一石二鳥かと。

そそ、海藻も余分な湿気を出しつつ、熱を冷ましてくれる食材なの。だけど海藻っていうと『面倒!』っていわれちゃうのよね・・・勿体ない。ちなみにオキャマ家では、わかめを大袋で購入して(築地で鳴門のわかめを買ってます。超美味しい!)、一度に多めに戻して、適当な大きさに切って冷蔵庫で保存しておくの。そうすればお味噌汁にも、おひたしにも、サラダにも、炒め物にも思いついた時にパッと使えて便利なの。



え?炒め物?ってよく言われるんだけど、たまごと炒め合わせるの(ネギも入っていたかも)。料理研究家の有元葉子さんのレシピなんですが、とーーーっても美味しくて、お酒にもご飯にも合うので超おすすめでございます。はぁぁぁ、思い出したら食べたくなってきた・・・

食べるなら〇肉


中医学的には夏はタンパク質はいつもより多めに取った方がよいという説があります。なんだけどタンパク質って温・熱性の食材が多いのよ・・・。じゃ夏は何でタンパク質を摂るか。あたくしなら豚肉をいただきます(ま、あたくしはほぼ菜食だけどさ)。



豚肉にはうるおいを与えてくれる性質があります。そ、暑くて汗をかくと水分不足になるでしょ?それを補うためです。冬瓜や、トマトとスープにすれば、余分な熱を冷ましてくれるのでおすすめでございます。単純に美味しいしね。

冬の大根、夏の生姜


これも中医学の先生に教えてもらったんだけど、基本的に夏の食材って体の熱を冷ましてくれるものなのね。で、そればっかり食べてると体が冷えてしまうわけです。これも困りもの。

そこで生姜の出番でございます。生姜は温性の食材です。寒・涼性の食材に足してあげることでバランスをとるんですね。かしこーい。ここで重要なのは適度にってこと。摂り過ぎると暑くなって辛くなるのでご注意くださいませ。



余談だけど、冬の食材は逆に温・熱性のものが多いの。なので涼性の大根を摂るわけ。(マクロビとかだど大根は体を温めるっていうけど、中医学だと涼性なのよ。面白いわよね)

体って温めればいいってもんではないのよ、中医学では。んじゃ何を目指すのか???それは中庸(ちゅうよう)なんです。温かくもなく冷たくもない、中間。ま、何事もバランスってわけなのよ。

どなた様も中庸を目指して、酷暑を無事に乗り切ましょうーーー。それでは皆さまごきげんよう♡

関連記事

あなたも日本美人に!お役立ちコラム一覧