【正しいフェイスケアって?】毛嫌いするより使い方を変えてみる【夏の枯れ肌にはオイル一択】

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか?茉華WEB担当でございますー。

気温も湿度も高い日が続き、スキンケアがさっぱり系スキンケアに偏ってはいませんか?あたくし今一番コレが心配なの。いやね、暑いですし、湿度が高くてベタベタしてるし、さっぱりした使用感のスキンケアなのはいいんですよ。コレとかコレとかね。

あたくしが心配なのはこれ!

きちんと保湿出来ていますか?


夏のお肌は意外と乾燥しています。っていうのも汗をかいたり、紫外線を浴びたりと、冷房で冷えたりと、今のお肌の状況は過酷なの。それに加えて今年はマスクなのよ???

なんで夏のお肌は枯れるの?


汗をかいたり、普段より皮脂が分泌されているから、一見お肌がうるおってそうに感じられるのが夏のお肌。でも発汗量が多くなると、お肌のうるおい成分や水分も一緒に流れ出ちゃうわけ。こわー。

しかも汗をかいたらハンカチやタオルで汗を押さえるでしょ?これも気を付けないと刺激になってお肌のバリア機能が壊れてしまうことも。(だから絶対にゴシゴシすんじゃないわよ!)



そして紫外線。紫外線を浴びることで日焼けをするだけではなく、お肌の乾燥を招きます。そしてうるおいを維持できなくなるとお肌を守るために、角質を厚くしようとするのです。これが角質肥厚。

こうなると内側からの蒸発を防ぐことは出来るけど、外側からうるおいを与えようとしても入りにくくなっちゃうの。要はスキンケアの浸透が悪くなるわけ。こわー。

最後に冷房。暑い時期の冷房は嬉しいですよ。でもね、外出先で建物に入って、冷えてさーっと汗が引くでしょ?そう、あのタイミングでお肌の水分も一緒に蒸発するんです。そして冷房で冷えると血流が悪くなる。血流が悪くなるとお肌に必要な栄養も行き渡らなくなるわけ。ここで冷たい飲み物なんて飲んだら、まー余計に冷えて血流が悪くなるわけよ。

その結果・・・夏だからって油断してるとあんた達

秋以降に泣くはめになるんだからね!!!


夏でも油分は必要だ


この暑い時期に乳液やらクリームやらオイルを塗りたくない気持ちはよくわかる。だけど水分だけでは妙齢のあたくし達のお肌なんて守れないのよーーー。水分を与えること、そして油分で蓋をすることが重要なの。蓋がなかったらいくら水分を与えたって蒸発しちゃうんだから!

特にオイルは疲れたお肌に嬉しい成分たっぷり&保湿力も充分なので、この時期おすすめなの。良質なオイルはお肌にすーっと馴染む、とはいえこの時期は少しでもお肌をさらりと保ちたい、って結局ループするわけでして。が、

付け方を変えればオイルもべたつきません!!!



要は付け方の問題だった


あたくしオキャマが美容番長と呼ぶ、スキンケアが大好きなスタッフがおりまして、昨年の夏に彼女から教えていただいた方法なんだけど

これがまー、オイルなのにキューっとお肌に入るの!
そして後肌はサラサラ、なのにお肌はぷりぷり!


まずご用意いただくのは、コットン。そして化粧水とオイルでございます。



化粧水とオイルはお肌に合うものをご用意くださいませ。ニキビ・吹き出物(通称ブツ)にお悩みの方、お肌が荒れて炎症を起こしてしまっている方(マスク荒れも含む)には、MURASAKInoORGANICのムラサキノトナー(化粧水)とムラサキノオイル(美容液)でございます。

まずはコットンにオイルを含ませます。MURASAKInoORGANICのオイルの場合は2~3プッシュ程度が目安でしょうか。あたくしは顔面がデカくてもっと使うから参考にならないのよ。あ、でも乾燥の気になる方は、もう少し多めでも構いません。



そしてオイルの上から化粧水を適量スプレーします。これは4~5プッシュくらいでしょうかねぇ。あたくしは顔面がデカ・・・(以下略)



で、この状態でお肌にやさしくパッティングします。お肌が荒れている方は、パッティングが刺激になってしまうので、コットンをやさしくお肌に押し当てるようにして馴染ませてくださいまし(あたくしはこれをプッシングと命名した)。

この方法だと、オイルのべたつきを感じることなく使えて、でも明らかに化粧水だけよりしっとりするの!!!そしてみずみずしくお肌にキュッと馴染むわけ!!!

ちなみにこの後はセラム(乳液)やオイル(美容液)を単品で付けて蓋をしてあげてくださいね。蓋めっちゃ大事。

お肌のどんよりとしたくすみ、疲れ、頬の毛穴の開き(涙型のアレね)などのアンチエイジング的な問題が気になる方には、こちらROSES DE BIOのジュエルアップミストとローズオブローズの組み合わせがおすすめでございます。

ROSES DE BIOの場合もまずオイル、ローズオブローズをコットンにシューっとスプレーします。スプレータイプのオイルなので、プッシュをためらう方も多いのですが思い切ってプッシュすることがコツです(ここは男気を見せてください)。プシュ、プシュっと2プッシュくらいからお試しくださいませ。



そして今度は化粧水、ジュエルアップミストでございます。これも4~5プッシュくらい盛大にいきたいところ。そしてやさしくパッティングします。ローズオブローズは元々べたつきの少ないオイルなんですが、まーそれ以上にサラッとお使いいただけます。



コットンで化粧水とオイルを馴染ませたら、最後にローズオブローズで蓋をします。これで完了。サラッとしているのに保湿力を感じていただけるかと。

夜のケアなら最後にプレミアムレッドローズオイルを使って癒しケアで終了させてもいいですし、朝のお手入れや、とにかくさっぱり好きの方はブラッディローズジェリーで蓋をするもよしでございます。

モデルをしてもらった店舗スタッフにも試してもらったんだけど、まー驚いておりました。この方法だと夏でもオイルを気持ち良く使えますよね?銀座店のSさん。

ってことで酷暑でそろそろお肌も疲れるタイミング。いつもとは使い方を変えたオイルケアでしっかり保湿、残暑もぷりぷりのお肌で過ごしましょー。それでは皆さまごきげんよう♡

関連記事

あなたも日本美人に!お役立ちコラム一覧