【商品情報】敏感肌用ベビーせっけん natural baby soap nico

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか?日本のコスメ茉華(まつりか)WEB担当でございますー。

さてさて、ここ数ヶ月で人気急上昇の商品がございまして、本日はそちらをご紹介いたします!それはこちら、nicoせっけんでございます。



敏感肌用ベビーせっけんと銘打っている石けんですが、敏感だったり、お疲れ気味だったり、はたまた乾燥が気になる大人にもがっちりハマります。もちろんお子様のお肌の様子に心を痛めている方にも直球でおすすめいたします。

敏感肌のためのオーガニック石けん


『nicoせっけん』のいちばんの特長は、汚れをしっかり落としながら『保湿』出来ること。これって洗うものに求める最たるものだけど、意外と難しい要素ではございません?例え洗いあがりがしっとりしても、妙な被膜感があったり・・・ねぇ。

ではなぜnicoせっけんは、汚れをしっかり落しながら保湿を両立出来たのか?その秘密は砂漠で育つ、あの植物だったのです。



この画像で分かりますかね?そうサボテンなのです!

ほれ、サボテンって砂漠に生えているでしょ?(この発言アホすぎて石を投げられそうで心配・・・)砂漠って雨が少なくて乾燥しているじゃない?(この発言もアホすぎて石・・・以下略)そんな環境で生きているサボテンは水分をたっぷり蓄えているのです。かしこーい!

その割合は何とサボテンの重量の90%!しかも貴重な水分を無駄に消費せず、効率化するため様々な工夫をしているのです。健気すぎて泣ける・・・;;(中年は涙もろいのよ)



サボテンには、他にもムコ多糖体や繊維質が豊富に含まれており、これらが肌に潤いをもたらすと言われているんですって。確かにムコ多糖体って保湿目的で化粧品に配合されていますもんね。

それだけではございません。nicoせっけんで採用したのはサボテンの中でも、ウチワサボテンのオイルなのです。ウチワサボテンには、保湿効果のあるビタミンEが、保湿力に優れると言われるアルガンオイルの約1.6倍、ココナッツオイルの約22倍含まれています。

ビタミンEって血行を良くして肌荒れを防止する効果や、皮膚の酸化を防ぐ作用があると言われています。そう、キタコレ抗酸化ーーー!だからお子様だけではなく、あたくしのような妙齢の大人世代にもおすすめなの!!!

ちなみにnicoせっけんで採用してるウチワサボテンオイル(成分名はオプンチアフィックスインジカ種子エキス)は、モロッコの不毛な土地、ベルベルに住む女性たちが、乾燥と厳しい気候から肌を守るために使ってる最高級のオイルなんですって!期待が高まるわ~~~

5種類の天然成分


サボテン以外にも5つの天然保湿成分(オウゴンエキス、褐藻エキス、スイゼンジノリ多糖体、カンゾウ根エキス、加水分解コラーゲン)を特殊製法で凝縮。どれも保湿剤に使用するような成分で贅沢な配合の石けんです。(みなみにスイゼンジノリ多糖体は高級なので、洗い流すものには通常入れません)

また敏感なお肌のために、石油系成分、合成界面活性剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、防腐剤は一切無添加。余計なものが入っていないので、配合された天然成分のパワーをダイレクトにご実感いただけると、あたくしオキャマは感じております。

そんな成分をぎゅっと詰め込んだnicoせっけんは、コールドプロセス製法で製造されています。通常せっけんを製造する際は過熱をするんだけど、コールドプロセス製法では製造過程で自然に発生する熱だけて作り、1ヶ月以上熟成させているのです。

そんな手間も時間も掛けている理由は、有効成分を加熱で破壊せず、石けんに閉じ込めるためなんですって。ちなみに製造に時間がかかるので、タイミングによっては欠品してしまうことも。お客様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解・ご了承いただけますと、あたくし大変嬉しいです。(公開言い訳だな)

何で『敏感肌用ベビーせっけん』?


それは開発者さんの幼少期とお子さんのお肌を思う気持ちがきっかけでした。開発者である山口さんは、小さな頃アトピーが酷く、皮膚が陥没するくらい、ぐしゅぐしゅに炎症を起こしていたそうです。女の子だから肌を見られたくない、その気持ちからうつむきがちに過ごした毎日・・・;;

そして出産後、またしてもお肌のトラブルが発生。そしてそれはお子さんも。小さな我が子が痛痒そうに泣いている姿を見て一念発起、石けんの開発に至ったそうです。なのでnicoせっけんの愛用者さんは、お子さんのお肌トラブルを抱えた方が多いそうです。

目にしみずらいこともあり、愛用されている方からは「子供が洗顔を嫌がらなくなった」「石けんをシャンプーとして使っています」とのお声があるんですって!お肌に合う、安心出来る石けんなら、全身洗ってあげたくなりますもんね。

よりやさしく洗うには?


ちなみにあたくしの所感でございますが、nicoせっけんは泡立ちがめっちゃいいーってわけではございません。泡立ちの良さよりもお肌へのやさしさを重視してとのこと。ではその使い方のコツは?

それは手を使い、泡で洗うこと!!!


お子さんを洗ってあげる際は、付属のネット(そうなのネット付きでお届けします)で泡立てた泡を手に取り、手で優しーく洗ってあげます。それはお肌は触れれば触れるほど、皮膚表面の角質細胞がはがれ、水分が逃げやすくなり、結果乾燥を招いてしまうからなのです。だから泡で洗えってことなのよ。




▲石けん1個につき、泡立てネットを一枚お付けしております。

そしてガーゼやスポンジではなく、手を使い泡で洗うことで、角質細胞に刺激を与えることなく、水分を保ちながら汚れを落とすことが出来るのです。ちなみにnicoせっけんは、もりもり・たっぷり泡立てる必要はなく、直接触れない程度の泡で十分なんですって。確かにあたくしも使ってみてそのように感じました!

お子様のお肌が心配な方にも、ご自身がカサカサ・カユカユでお悩みの方も、敏感な大人のお肌にもおすすめのnicoせっけん、是非お試しくださいませ。それでは皆さまごきげんよう♡

関連記事

あなたも日本美人に!お役立ちコラム一覧