【新商品紹介】BOTANICANON(ボタニカノン)

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか?日本のコスメ茉華(まつりか)WEB担当でございますー。

新商品ラッシュの日本のコスメ茉華(まつりか)。したがって本日も新ブランドのご紹介でございます。んー、正しくは改めまして、こんにちはブランドでございます。はい、それはこちら!



鹿児島からやってまいりました、BOTANICANON(ボタニカノン)でございますー。ボタニカノンは地産地消の良さを最大限に引き出した、天然由来成分100%、アルコール、ケミカル(化学薬品)フリーのコスメを作っているブランドです。

以前、期間限定でボディソープをお取り扱ったのですが、今回はシャンプー・コンディショナーを伴っての再登場でございます。なぜ?それはあたくしがどうしても日本のコスメ茉華(まつりか)に置きたかったからです(マジで)。

この度はこの3点のお取扱いを開始しました。どん!



まずはシトラスハーブボディーソープでございます。あたくしオキャマはこの商品に感激して、お取引をお願いした次第なの。皆さまに全く必要のない情報でございますが(でも言う)、あたくしボディソープが苦手で、憎んでいると言ってもいいくらい。何が苦手って洗いあがりの被膜感?あれがねぇぇぇ・・・。

しかも加齢と共にボディの乾燥が酷くなりまして、真夏以外はお湯を流すだけでスネが粉を吹くのよ・・・。なので長いことボディソープの存在しない世界線で生きておりました。

そんなあたくしがなぜシトラスハーブボディソープに魅せられたのか?それはだな、あれだ、石けんベースだからだーーー!!!なので洗いあがりに妙な被膜感がなくて、すっきり・つるつるなの。

ん?石けんで洗って乾燥しないわけ?って思いましたね???それがココナッツオイル、パームオイル、ツバキ油なんかのいい油から作られた石けんベースを使用しているから、乾燥しないの!!!全くしないとは言わん。でも乾燥しづらいのは確か。オレのスネがそう言っている。

そして香り!!!その名の通り柑橘とハーブの爽やかで嫌みがなくて、誰からも好かれそうな香りがするのよ。なんでもタンカン、ラベンダー、シトロネラの精油を使用しているんですって。ドロドロに疲れた夜も、どんよりとした朝も、シトラスハーブボディソープを使えば幸せな気分になること間違いなし。

しかもこれ、フォームタイプのボトルだから泡で出てくるんだぜ。しかもその泡がふわふわでコシがあって、体に伸ばしやすいのよ。この泡を手に取り、撫でるように体を洗うだけ。摩擦がないので(手で強引にゴシゴシするのは反則技よ)、だから乾燥しづらいのかなー?とも思ったり。



はい、お次はシトラスアロマシャンプーでございます。こちらは今回初登場、でも初めて使った時からずーーーっと日本のコスメ茉華(まつりか)で取扱いたかったシャンプーなのです。みんなー、オレの話を聞いてくれ。

あたくしオキャマは頭皮が弱い。すぐかぶれて頭皮がぼこぼこに腫れる。だから様々なシャンプーを使用してまいりました。固形石けんでの洗髪(髪用ではない普通の)&お酢リンスも、何なら湯シャン(シャンプーを使用せずにお湯だけで洗う)も5.6回挑戦した。でも挫折。

だからシトラスアロマシャンプーを初めて使った時の感動は本当に大きかったの!どうして石けん系シャンプーなのに感動するほど上手に洗えたのか?それは泡で出てくるフォームタイプだから???(実は今もよく分かっていない)でもコシのある泡なので、頭皮全体に行き渡らやすいのは事実!!!

しかもすごいのが泡が復活するってことなの。意味分かります?あたくし太い・固い・多い・くせ毛の四重苦なので、頭皮に泡を伸ばしている間にへたっちゃうの。でーもー、頭皮をマッサージするよるに洗い始めると、再び泡立ち始めるの、すごくない???

そして石けん系のシャンプーって原料臭がするものが多いんだけど、シトラスアロマシャンプーってくらいだからそこもクリア!ジャスミン・サンバック・タンカンのアロマオイルに、ジュニパーベリー・ラベンダー・ペパーミント・シトロネラのスパイシーな香りをプラス。洗い流すと残らない程度だけど、シャンプー中は香りを楽しめるの。さすがボタニカノン!

洗い流すと頭皮すっきり★髪はゴワゴワ・・・まー、これは想定内よ。石けんシャンプーってそういうものですから。この後のプロセスが重要なんですもん。はい、オリエンタルアロマリンスの登場です。



石けんシャンプーってお酢(またはクエン酸)でのリンスがワンセットなわけ。てか絶対に必須。じゃないときしみ・ごわつきは解消しない。なんなら一般的なリンスやコンディショナーを使っても、解決にならん。一瞬手触りが良くなったような気がするだけ。

なぜか?石けんでシャンプーをすると弱アルカリ性の状態になります。この弱アルカリに傾いた状態の髪の表面を、クエン酸で中和して、ミネラルと脂肪酸に分解する必要あります。するとどうなるか?ミネラルと脂肪酸が自然な膜に変わって髪をコート、髪の手触りがなめらかになります。

ではどうやってアルカリ性から弱酸性に戻すのか?お酢(クエン酸)でリンスするのです。通称リン酢。オリエンタルアロマリンスは鹿児島産の壺づくり黒酢を使用しています。黒酢ってアミノ酸が多いのよね。素敵な予感。

だがここでリン酢経験者が心配するのは香り、というかお酢臭さじゃない?これがねー、あたくし感嘆しましたよ。『地元南大隅町産タンカン果皮油にジャスミンサンバック、シトロネラの爽やかな香りとジュニパーベリーのスパイシーな香りをバランスよく調合して仕上げました。』(←ここはボタニカノンのサイトからコピペ)。確かに遠くにはお酢がいますよ。でも主張してないの、お酢の前にアロマの香りがある!すごいわー。

石けんシャンプー&お酢リンス、いいこと悪いこと


メリットばかりに聞こえる石けんシャンプー&リン酢、だけどいい話と悪い話がある(村上春樹かよ)。

まずいい話というか、シトラスハーブシャンプーだからこその利点。石けん系シャンプーで洗うと、髪がべたつくってお話を耳にします。私も固形石けんで洗っていた時は日毎に髪と頭皮のベタベタ感が増し、髪が重くて束になる⇒挫折でした。しかしこのシトラスアロマシャンプーはその心配がありません。ほほー、それは何故か?

このべたつきは石けんカスが原因と言われていて、泡立てが不十分だったり、泡が足りない状態で洗うと生じると言われています。シトラスアロマシャンプーは、泡で洗うことが出来るので(だって泡で出てくるし、泡立ち・泡持ちよし)、石けんカス=頭皮と髪のベタベタ感から解放されるわけ!!!すげー、これは本当に大きい。石けんシャンプー入門編で生じやすいストレスが無くなるんですもん。

次は悪い話というか通過儀礼。該当するのは、シリコンが入っていたり、合成界面活性剤を使用したシャンプーを長くお使いの方。シリコンが入ったアウトバストリートメントを使っている方も該当します。それは髪に付着しているシリコンや合成物質が、否応なしにはがれていくこと。するとどうなるか?きしみます。髪の手触りがごわつきます。

でもそれがごまかしのない、本当のあなたの髪なのです(どーん!)。特にシリコンは髪の表面をコーティングして、つるつるの手触りにしてくれます。だから使い始めの2~3週間は多かれ少なかれきしみを感じます。ここは我慢。髪を乾かす前にオイルを付けたりしてしのぎましょう。ノンシリコンで合成物質を使用していないシャンプーをお使いの方は、それ程違和感なく移行できると思います。

ちなみに日本のコスメ茉華(まつりか)はシリコンが悪いとは思っていない。適材適所である。まーこの話は長くなるから追々こってりと書くつもり。閑話休題。

そしてリン酢で生じる問題。多かれ少なかれ、カラーリングが退色します。ジアミン不使用のカラー剤は目に見えて退色しました(経験済み)。一般的なカラー剤は『あれ?色が変わった?・・・かな?』って程度に退色してました(スタッフが経験済み)。いわゆる白髪染め、ヘアマニキュア、ヘナ系に関しては分からず。でも注意と心づもりはしておいた方がよいと思います。

デメリットを大きく飛び越えた魅力


苦労がありながらも、なぜ石けんシャンプーがおすすめなのか?もちろん苦労なんて吹っ飛ぶくらいのメリットがあるからです。まず髪が元気にハリハリとしてくるからなの!!!ボリュームがただ出るというより、髪の1本1本が自らの存在を元気に主張してくる感じなの。

次に頭皮の状態が安定します。乾燥しない、べたつかない、荒れることなし。あとこれは合成物質を使用していないシャンプー全般に言えることなんだけど、毎日シャンプーをしなくても、頭がかゆくならない(でも汗をかく時期は洗った方がよいかと)。体調を崩してお風呂に入れなかった時、翌朝頭がかゆくなりません?あれが無くなりました。

最後に頭皮の匂い(これは臭いか?)問題。先の通りシャンプーが出来なかった時や汗をかいたり、頭皮が蒸れた時。夕方くらいから、頭皮の臭いを感じることってございません?シャンプーの残り香とは異なる何かを。それが無くなりました。

石けん系シャンプー&お酢リンスだけが正義とは思っていません。でも上にあげたメリットに魅力を感じた方、石けん系シャンプー&お酢リンスに満足していない方には自信を持っておすすめしたい商品なのです(自分もそうだったから)。

ここまで4,000字弱、最後までお読みいただいた方には心からのお礼を。ありがとう存じます。最後まで読むってことは石けん系シャンプーが気になるんじゃないのかしら?そんな方にはBOTANICANON(ボタニカノン)ですよ。それでは皆さまご機嫌♡
あなたも日本美人に!お役立ちコラム一覧