Zenでは、キッチン用品のイメージが強いたわしを、
ナチュラルブラシとしてボディ用に仕上げました。
美容健康を気にする老若男女を中心に支持されています。

妥協をしないモノづくり
日本の発明品である“シュロたわし”ができて100年。
“シュロ”を作るうえで大事なのは、繊維の選別です。
たわしの基本となる棒まき、美しい仕上げ…。
その全てを一貫して手仕事で行っています。
密度の高い繊維の量と使う用途に合わせた形、大きさ。
美しく仕上げられたシュロたわしは、工芸品の域にあります。


茉華