「山田松香木店」は、江戸時代から続く京都の老舗香木専門店です。

江戸時代から続けてきた、"日本の香り"の伝承にもとづく物づくり
六世紀に香木が日本に漂着して以来、日本においては香木をはじめとした草木花など自然由来の香原料を中心とした"日本の香り"文化が始まりました。
香木をはじめ香りの元となる原料の多くは海外からの渡来品でしたが、日本人は、奥ゆかしさや慎ましやかが内在する日本独特の感性により解釈し、それらの香りを醸成し、日本における香りの文化を創ってきました。
山田松香木店は、その日本古来からの香り文化に対する感覚を忘れることなく、天然原料にこだわったものづくりを続けながら、現代のライフスタイルに合わせた"香りのかたち"を提案し続けています。